冠婚葬祭などの際に贈る引き出物は、来てくれた人へ感謝の気持ちを伝える重要な役割を持ちます。

贈り主のセンスが問われるものでもあるので、引き出物選びは失敗したくないものです。


まず、冠婚葬祭に呼ぶような相手は、今までずっとお世話になっていたり、これからも長くお付き合いが予想される相手です。

そのため、できるだけケチらないほうが今後のためです。来てくれた人へのおもてなしにかける費用は、予算を多めにとるようにしましょう。


また、自分の気に入ったものやこだわりで贈りたいものが決まっている場合、持ち込みにプラス料金が発生する場合も多いので、事前に確認しておくことをお勧めします。


次に、万人に喜ばれるものを選ぶよう心がけましょう。



いくら、予算をかけて自分のこだわりのものを相手に贈ることができたとしても、それがあまり個性的すぎると相手に喜んでもらえない場合があります。

自分や家族との関わりが深い方に渡すものとはいえ、相手の好みは多種多様です。



できるだけ、相手の好みや生活スタイルを選ばないものを贈るようにしましょう。


最後に、細かな気配りをしましょう。

例えば、食品を選ぶ際には賞味期限の短いものを避けたり、重いものやかさばるものを選ぶ際には、特に遠方からのゲストへ宅配のサービスを用意するなどといったことです。

受け取った相手の「その後」のことを考えて、気持ち良く帰ってもらえるまでを想像して選ぶことができれば、完璧です。



ほかにも、準備物や選ぶものはたくさんあるので大変だと思いますが、ゲストの喜ぶ顔を想像しながら、失敗しない引き出物選びをしましょう。

Copyright (C) 2016 失敗したくない引き出物選び All Rights Reserved.