引き出物は、日本に昔からある習慣です。

宴の際「馬を庭先に引き出した」事が名前の由来です。



ゆえに、「宴のお土産」という習慣が現在では結婚式の贈り物になりました。

さて、私は既婚ですが結婚式は行いませんでした。引っ込み思案な性格上、結婚式の贈り物を考える事も「自分の好みで選んで皆が喜んでくれるのか」というネガティブな思考になり、なかなか前向きになれませんでした。

贈る側の経験はありませんが、頂いたことは何度かあります。

自分に対しての思考とは反対に、不思議と他人の結婚式に対しては「おめでたい席での頂き物は迷惑ではない」と感じています。
しかし、中には使い方に悩んでしまう物や、もったいぶって箱にしまったままの物もありました。



引き出物を考える経験のメリットとして、今後の贈り物等を考える際に役立つ情報が満載です。



改めて親族や友人の好みを思い起こしたり知る機会にもなりますし、どんな品物があるかお店の情報も幅広く知る事ができます。
何を選んだらいいか悩んでしまう、やはり過去に使用に困る物を頂いた経験がある人は、さらにどんな物が喜ばれるか悩んでしまいます。
私が頂いた物の中で一番嬉しく助かったものは「カタログギフト」です。

カタログギフトとは、贈り主が予算に合ったカタログを選び、贈られた側がカタログの中から自分の好きな品物を選ぶというサービスです。


実際私自身もカタログは一番嬉しく、商品を選べる楽しみがありました。

現在は半数以上の人が「カタログギフトがいい」と感じています。品物を無理に押し付ける印象もなく自分で自由に選べるというのが現在のニーズに合っています。


互いにストレスフリーな引き出物選びがベストです。

Copyright (C) 2016 ニーズにあった引き出物選びを All Rights Reserved.