結婚式の披露宴に出席すると、大概新郎新婦より用意されている引き出物。本来出席者のお祝いに対するお礼の品としての位置づけになります。

昔は、お祝いをイメージするものとして紅白まんじゅうや鰹節、赤飯などが一般的であり、その品数も別れをイメージさせない奇数など、地域によって様々な風習やしきたりがありました。
しかし、近年は多様化しており、しきたりや形式ばったものではなく、贈る相手に合ったものを選んで分けたり、遠方から来た出席者には後日自宅に届くようにしたり、最近ではカタログギフトのように相手が自分好みのものを選べるように配慮した物もあります。
相場は、一般的には披露宴での飲食代の3分の1程度と言われています。


そうなると、大体約5000円前後が相場ということになります。

しかし、いただくご祝儀の額を考えての贈り分け、という方法もあるようです。

多様化した引き出物ではありますが、食器類は今も人気があります。


ブランドもののお皿やカトラリーは、趣味さえ合えば嬉しいものになりますし、重さもあるのでしっかりとした印象を与えるのではないでしょうか。
しかし、招待客の負担にならないよう、重すぎないものを選ぶのが、食器を引き出物にする際のポイントとなると思います。



軽いものを、ということでしたら質の良いタオル、こちらも名前の知れたブランドのタオルですと、消耗品ということもあり使い勝手が良い点が優れています。



しきたりや風習、招待客の希望、新郎新婦のこだわりを考えると悩むところではありますが、一生に一度の事なのでじっくり決めると良いと思います。



Copyright (C) 2016 引き出物の選び方について All Rights Reserved.