沖縄でのリゾート婚を実施しました。

新郎新婦とその家族のみの小規模でアットホームなものでしたが、ご祝儀をいただくことを事前に聞いていたので引き出物を用意しました。


わたしたち新郎新婦もその家族も皆、関東圏に住んでいましたので、沖縄は国内とはいえ移動は飛行機。
挙式の実施時間帯から前泊が必須で、ちょっとした旅行でした。



そのため当日渡すのではなく、後日それぞれの自宅へ配送するかたちをとりました。


また、沖縄でのリゾート婚ということで、参列者の衣装を男性はアロハシャツやかりゆしウェア、女性はムームーやサンドレスに揃えてもらいたいというわたしたち新郎新婦の意向から、引き出物としてそれぞれに衣装を事前に贈りました。

衣装はハワイアングッズを扱うショップと沖縄のかりゆしウェアを扱うショップからパンフレットを取り寄せ、それぞれ家族に選んでもらい、ネット通販で購入しそれぞれに配送しました。後日配送した贈り物の内容は、挙式を執り行ったチャペルのあるホテルが販売しているちんすこうのお菓子詰め合わせと、琉球ガラスのグラスに決めました。



沖縄らしい内容かつ、かたちに残るものと飲食物をプレゼントしたく自分たちで考えこの内容にしました。



グラスは挙式後、沖縄本島の糸満市にある琉球ガラス村という、手作りガラス工房へ訪れ、現地で選び配送の手続きをしました。

挙式を計画実行してくださったウエディング会社でも引き出物を取り扱っていましたが、より家族それぞれに合ったものが選べたと自負しています。

Copyright (C) 2016 リゾート婚での引き出物 All Rights Reserved.