TOP > 植毛で薄毛対策を行う

薄毛に対応する方法に育毛剤や増毛剤を使って、毛の成長をサポートして抜けにくい毛を育てて増やしていく方法がありますが、すでに毛根が機能を果たさないようになっていたり、男性ホルモンの分泌が過剰にあった場合には専門的な治療も必要となり、上手く生えてこない場合もあります。


植毛はあらゆる状況の人が受けることが可能で、特に自毛を利用した方法は、後頭部や頭の横の部分にしっかりと毛が生えた毛根があればドナー採取して植毛することが可能です。

植毛する部分が広範囲になっているとき、一度の手術では終わらず何度かに分ける場合もあります。

今すぐ使えるAGA治療情報は見逃せません。

一度手術を受けた人でももう少し毛の密度を上げたいと再度受ける人などもいるため、植毛の内容については医師としっかりとコミュニケーションをとって、話し合っておくべきです。入院を行わなくても済む方法で手術してくれる病院も増えてきましたが、しばらくは毛包を取り出した部分と植え付けた部分に赤みや腫れがでるため、包帯などが必要になってくる場合も多く、働いている人は有休や連休を利用して長く休みを確保したほうが良いです。



赤みや腫れは数日で引くことがありますが、内出血のような痕がしばらく残っている場合もあります。



植毛した場所に強い刺激を与えることはしばらく避けたほうが良いため、帽子やヘルメットの利用が欠かせない仕事を行っている人などは注意し、洗髪するときもこすりすぎたり揉みすぎることの無いようにします。